top of page

「Rooot」サービス利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ドリコム(以下「当社」といいます。)が提供する

Twitterキャンペーン支援サービス「Rooot」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めることを目的とするものです。

 

第1条(定義)

本規約に定める用語は以下の各号のとおりとします。

(1) 「申込者」とは、本サービスを利用して、Twitterキャンペーンを行う個人又は法人をいいます。

(2) 「対象サービス」とは、本サービスを利用したキャンペーン施策の実施対象となるサービスをいいます。

(3) 「ユーザー」とは、対象サービスの利用者をいいます。

 

第2条(規約の適用・変更等)

当社が本サービスの提供に際して、本サービス上あるいは申込書又は提案書等において、個別の規約、ガイドライン、価格表、注意事項等を定めた場合

(以下「個別規約」といいます。)は、本規約の一部を構成するものし、本規約と個別規約が抵触する場合は、個別規約が優先するものとします。

本規約は、当社の都合及び判断により改定することがあります。当社が、本規約を改定する場合は、本規約変更の効力発生日を定め、

効力発生日までに本サービス上に変更後の規約を掲載する又は当社が別に定める方法で通知するものとします。

申込者が、効力発生日後に本サービスの利用を継続している場合、改定後の本規約に同意しているものとみなされます。

 

第3条(申込みと承諾)

本サービスの申込者は、当社が別途指定する申込書に必要事項を記入し、本サービスに申込むものとします。

当社が申込内容を承諾した時点で、申込者と当社との間で、本規約を内容とする本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)が

成立するものとします。申込者と当社との間で申込書等により合意した内容が、本規約に抵触する場合は、当該合意内容が本規約に優先するものとします。

当社は、申込書の記載に不備がある場合又は以下の各号のいずれかに該当する場合は、申込の承諾を行わないものとします。

そのことにより、申込者にいかなる損害が生じても、当社は一切の責任を負わないものとします。

(1) 申込書の内容に虚偽があった場合

(2) 申込者が未成年の個人である場合

(3) 申込者が暴力団関係者その他反社会的団体(以下「反社会的勢力」といいます。)に属していると認められる又はその恐れがある場合

(4) 過去に当社との取引において債務不履行があった等、本契約上の義務の履行を怠る恐れがある場合

(5) 前各号の他、当社が申し込みを承諾することが相当でないと判断した場合

申込者は、本契約成立後に申込者の都合により申込内容を変更またはキャンセルする場合は、当社所定の方法により手続を行うものとします。

申込者は、前項によるキャンセルを行った場合、キャンセル日にかかわらず申込金額の全額を支払うものとします。

ただし、申込者と当社との間で申込書等により別途合意した条件がある場合は、当該合意内容に従うものとします。

 

第4条 (利用料の支払い)

当社は、毎月末日締めで申込者に当該月の利用料を請求するものとします。申込者は当該月の翌月末日(末日が銀行休業日の場合は、その翌営業日)までに、当社指定の金融機関口座に当該金額(消費税を含む)を支払うものとします。なお、振込手数料は申込者の負担とします。

 

第5条(本サービスの停止又は変更)

当社は、以下のいずれかに該当する場合は、申込者に事前に通知することなく、当社の都合により本サービスの全部又は一部の提供を停止することがあります。

(1) 本サービスに係るネットワーク・システムの点検又は保守作業を行う場合

(2) ネットワーク、通信回線等が停止した場合

(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

本条に基づく本サービスの停止により、申込者に損害が生じた場合であっても、当社は、一切責任を負わないものとします。

当社は本サービスの改善等のため、本サービスの内容を変更することができるものとします。当社は変更内容等について事前に申込者に通知するものと

しますが、緊急を要する場合はこの限りではないものとします。

 

第6条(禁止事項)

申込者は本サービスを利用するにあたって以下各号に定める行為を行ってはならないものとします。

(1) 本サービス(本サービスにおいて提供される情報を含む)を不正に使用すること

(2) 対象サービスに以下に該当する又は該当すると当社が判断する情報(画像及びリンクの掲載を含む)を掲載する行為

 (1) わいせつ、児童ポルノ、又は児童虐待に相当する情報

 (2) 暴力的・残虐的な表現を含む情報

 (3) 当社を含む第三者の著作権その他の権利を侵害する情報

 (4) チェーンメール、ねずみ講等の第三者への拡散を求める情報

 (5) その他当社が不適当と判断する情報

(3) 本サービスの運営、ネットワーク・システム等に支障を与える行為

(4) 不当景品及び不当表示法、薬事法、特定商取引法、その他本サービスに関連する法令に違反する行為

(5) 他者の著作権、商標権等の知的財産権、プライバシー権、肖像権その他第三者の権利を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為

(6) 公序良俗に反する行為又はその恐れのある行為

(7) 対象サービスがアプリケーションサービスである場合「App Store」「Google Play」等の対象サービスを提供するアプリケーション配信サービスの

  規約・条件に違反する行為

(8) 前各号に関連する行為

(9) その他、当社が不適切と判断する行為

 

第7条(個人情報の取扱い)

本サービスの申込み時又は本サービスの提供にあたって、当社は個人情報を取得する場合があります。

当社の個人情報の取扱いについては、当社の「プライバシーポリシー」(https://drecom.co.jp/privacy/)をご参照ください。

 

第8条(秘密保持)

当社及び申込者は、本契約に関連して知り得た相手方の業務上の秘密情報(開示の時点で既に公知となっている情報及び裁判所や公的機関から

法令に基づき開示を要求された情報は除く。)を、相手方の書面による事前の承諾なしに、第三者に対して開示し、及び漏洩してはならないものとします。

ただし、本規約で定める秘密情報保持義務と同等の秘密情報保持義務を負担する旨を合意した第三者に対し本契約の目的を達成するために

必要な範囲で開示する場合は、この限りではありません。

当社は、本契約及び本サービスに関する統計情報については、本サービスの円滑な提供を目的として、申込者及び利用者を特定できない形態で利用し、

及び開示できるものとします。

 

第9条(権利の帰属)

当社又は申込者が、本サービスにおいて提供する全てのコンテンツ、システム等(以下「コンテンツ等」といいます。)に関する著作権及び

その他一切の知的財産権は、全て提供者に属するものとします。

当社又は申込者は、コンテンツ等について、本規約に従った利用の範囲においてのみ利用することができ、提供者の同意なく、

複製、譲渡、貸与、翻訳、改変及び公衆送信等の知的財産権を害する行為をしてはならないものとします。

 

第10条(反社会的勢力の排除)

当社及び申込者は、現在及び将来にわたり反社会的勢力ではないこと、反社会的勢力の支配・影響を受けていないこと、反社会的勢力を利用しないこと、

反社会的勢力を名乗るなどして相手方の名誉・信用を毀損、業務の妨害又は不当要求をしないこと、及び自己の主要な出資者又は役職員が

暴力団の構成員ではないことを表明し保証します。

当社及び申込者は、相手方が前項に定める表明保証義務に違反した場合、催告することなく直ちに本契約を解除し、

併せてこれにより被った損害の賠償を請求することができるものとします。

当社及び申込者は、前項により本契約を解除した場合には、相手方に損害が生じてもこれを一切賠償しないものとします。

 

第11条(契約期間)

本契約の有効期間は、別途定めなき限り本サービスの利用開始日から6ヶ月間とします。

但し、契約終了日の1ヶ月前に当事者の一方から終了する旨の通知がない限り、同一の条件で6ヶ月間更新されるものとし、以後も同様とします。

本契約終了後も、第8条、第9条、第12条3項、第13条、第14条、第16条、第17条及び本条の規定は、有効に存続するものとします。

 

第12条(契約の解除)

当社は、申込者が本規約の条項に違反した場合又は以下のいずれかに該当した場合、何らの通知又は催告なくして、本契約を解除することができる

ものとします。

(1) 自ら振り出した手形又は小切手が不渡りになったとき。

(2) 差押え、仮差押え若しくは競売の申立てがあったとき、又は租税滞納処分をうけたとき。

(3) 破産、特別清算、会社更生若しくは民事再生の申立てがあったとき、又は清算に入ったとき。

(4) 解散したとき、又は事業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡若しくは分割したとき。

(5) 反社会的勢力であることが判明したとき、又は反社会的勢力であることを推認させる事実が判明したとき。

(6) 前各号に掲げる場合のほか、これらに準ずる経済的信用若しくは社会的信用が悪化したとき、又はそのおそれがあると認められるとき。

(7) 自ら又は第三者を利用して、詐術、暴力又は脅迫的言動を用いて不当な要求を行ったとき

本条に基づき本契約が解除された場合、申込者は本契約に基づく債務について期限の利益を失い、直ちに支払わなければならないものとします。

本条に基づき本契約が解除された場合でも、当社は申込者に対して損害の賠償を請求することができるものとします。

 

第13条(免責)

本サービスは、当社がその時点で提供可能なものとし、当社は本サービスの完全性(Twitterの規約・基準等との関係におけるものを含む。)、

確実性、有用性、申込者の利用目的及び利用環境との適合性についていかなる保証も行わないものとします。

当社は、申込者が第三者の知的財産権その他の権利を侵害したことにより、申込者、ユーザー、その他の第三者に生じた損害について

一切責任を負わないものとします。

当社が、申込者の責めに帰すべき事由に基づき、ユーザー、その他の第三者から損害賠償等の請求をされた場合には、

当該申込者の責任と費用に基づき当該紛争を解決するものとします。

 

第14条(損害賠償)

本サービスの利用に関し、当社の責めに帰すべき事由により、申込者に損害が生じた場合は、当社は現実に生じた通常損害に限り

賠償責任を負うものとします。また、当該賠償の総額は、当社が当該申込者から受領した利用料の額を限度とします。

 

第15条(変更の届出)

申込者は、本サービスの申込時の内容(住所、名称、代表者、電子メールアドレス及びURL等)に変更が生じた場合、速やかに当社に通知するものとします。

当社は前項の通知を怠ったことにより申込者に生じた不利益、損害等について、一切の責任を負わないものとします。

 

第16条(譲渡禁止)

申込者は、本契約に基づく全ての権利義務その他の契約上の地位を、当社の書面による事前の承諾を得ることなく、第三者に譲渡、担保設定

その他の処分をしてはいけません。

 

第17条(準拠法・合意管轄)

本規約及び本契約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。

本規約及び本契約に起因又は関連して訴訟の必要が生じた場合については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

2020年4月制定

bottom of page